放置バイク無料撤去

banner現在、東京のいたるところに、放置バイクが存在します。

例えば、マンションやアパート、大学の敷地内や駐車場、病院やスーパーマーケット、パチンコ店など、あらゆるところにバイクやスクーター、原付が放置されているのが現状です。

しかし、これらの放置されているバイクは、誰かの所有物でもあるので、勝手に処分をすることはできません。処分をするにはいくつかの手順を踏んでから処分をします。



まず、放置されているバイクに撤去告知を示した張り紙を張ります。このとき、見える場所に張ることが必要です。

輪ゴムや紐などで簡単に外せるもので張り紙を固定しなければなりません。ガムテープや接着剤などの粘着性の強い素材でくっつけてしまうと、万が一、所有者が現れた場合にトラブルになるケースがあるので、粘着性の強い素材の使用は決してしないでください。



放置されているバイクの多くは、盗難車であるケースがよくあります。その場合は原付・バイクの回収よりも警察に引き取ってもらうのがベストです。

ですので、盗難車の場合もあるという認識をしておく必要があります。まずは最寄の警察署に「バイクが放置してあるので、盗難確認をしてほしい」と連絡しましょう。

原付・バイク回収の依頼先ベスト5

1位 マンション・アパートの管理者さま
2位 大学・寮の管理者さま
3位 会社の駐輪場の管理者さま
4位 パチンコ・病院・スーパーマーケット・コンビニの管理者さま
5位 商店街の関係者

放置バイクの危険性について

banner放置バイクはそのままにしておくと非常に危険です。どのような危険があるのかというと下のような内容になります。

 ・子供や老人が怪我をする
 ・周りの景観に害を与える
 ・通行人の邪魔になる
 ・駐輪場を占領してしまう

などの危険性があります。特にこのバイクが原因で事故が起こった場合には必ずといっていいほどトラブルが発生します。そういったことを未然に防ぐ為にも放置バイクを速やかに処分する必要があります。

 

お問い合わせ

Copyright(c) 2011 Sample Inc. All Rights Reserved.